FOLLOW US

手痛い敗戦でCL敗退危機のレアル、ジダン監督は「辞任するつもりはない」

レアルのジダン監督 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督がインタビューに応えた。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 レアル・マドリードは1日、チャンピオンズリーググループステージ第5節でシャフタールに2-0の敗戦。最終節次第ではグループステージ敗退の可能性もある。リーガでもスタートダッシュに失敗して4位と今シーズンは思い通りに進んでいない中、ジダン監督にはその進退を問う声も寄せられている。同監督は「私は辞任するつもりはない、それは無駄だ」と否定。

 また試合については「前半はとても良かったが、ゴールを逃した。うまく押していたし、うまくプレーしていた。チャンスがもあったしね。ただポストに当たったりして、それから複雑になった」と分析している。最終節のボルシアMG戦に向けて「私は楽観的だ。難しい瞬間ですが、私たちは個性とプライドを持たなければいけない」とし、「次の試合に勝たなければならない。信じて戦うつもりだ」と必勝を誓った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA