FOLLOW US

出遅れたバルサに更なる痛手…DFラングレの負傷で本職CBが不在に

オサスナ戦で負傷したラングレ [写真]=Getty Images

 バルセロナのフランス代表DFクレマン・ラングレが負傷し、大きな痛手となりそうだ。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 バルセロナは29日、リーガ・エスパニョーラ第11節でオサスナと対戦。フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンやアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの活躍により4-0で勝利した。

 メッシの逝去したディエゴ・マラドーナ氏への追悼もあったこの試合では、67分ラングレが接触により負傷。カルレス・アレニャとの交代でスタッフの肩を借りながらピッチを後にした。

 バルセロナはDFジェラール・ピケ、DFロナルド・アラウホ、DFサミュエル・ユムティティが負傷により離脱中。バルセロナBからDFオスカル・ミンゲサを昇格させる形で起用しており、MFフレンキー・デ・ヨングの配置換えもあるが、本職CBが4人とも離脱している状況にロナルド・クーマン監督は頭を抱えていると同紙は伝えている。

 またこの状況に、かねてから報じられていたバルセロナのマンチェスター・C所属DFエリック・ガルシア獲得のうわさが再燃。リーグ戦9試合を消化しすでに3敗と出遅れたバルセロナはどう動くのだろうか。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO