FOLLOW US

右ひざじん帯損傷のピケ、手術は受けず…復帰は来年4月の見込み?

バルセロナに所属するピケ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケは手術を受けないことを決断したようだ。26日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ピケは21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節のアトレティコ・マドリード戦(0-1で敗戦)に先発出場したものの、62分に負傷交代を余儀なくされた。同クラブは同選手が右ひざの前十字じん帯の部分損傷およびグレード3の捻挫と診断されたことを発表している。

 負傷直後の報道では手術の可能性も報じられていたが、ピケは手術を選択せず、保存治療を行うことを決めたという。これにより、当初3〜8カ月の離脱となることが予想されていたが、スペインメディア『Catalunya Radio』によると、順調に治療が進めば来年4月に戦列復帰をすることになるようだ。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO