FOLLOW US

強烈ミドルで392日ぶりにゴール記録のアザール「自信を与えてくれる」

392日ぶりに得点を記録したアザール [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのベルギー代表MFエデン・アザールが、31日に行われたリーガ・エスパニョーラ第8節のウエスカ戦を振り返った。スペイン紙『マルカ』が試合後にコメントを伝えている。

 レアル・マドリードはウエスカとホームで対戦すると40分に先制に成功。フェデリコ・バルベルデの縦パスを受けたアザールは、ペナルティエリア外から左足を振り抜くと、ボールはゴール左隅に刺さりゴール。レアル・マドリードはその後3ゴールを挙げて4-1でウエスカに勝利を収めた。

 アザールは昨年10月に行われたグラナダ戦以来となる392日ぶりのゴールを記録。アザールは試合後『レアル・マドリードTV』を通じて「やあ、みんな。ケガから復帰して、ゴールを決めることができて嬉しいよ。これはファンのためのゴールだよ。また会おう」とファンに向けてコメントを残した。

 また、同選手は「もちろんゴールは自信を与えてくれる。前半は良くなかったがチームとして2ゴールを決めることができた。その後チームはなんとか得点を挙げて、最終的に4得点を奪った。僕はとても幸せだよ」と試合を振り返った。

 レアル・マドリードは4日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節でインテルと対戦し、9日にリーガ・エスパニョーラ第9節でバレンシアと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO