FOLLOW US

バルサ移籍を諦めないデパイ、来年1月の加入を目指す? リヨン会長が示唆

リヨンに所属するデパイ [写真]=Getty Images

 リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイはバルセロナへの移籍を諦めてはいないようだ。7日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 デパイには今シーズンからバルセロナを率いるロナルド・クーマン監督が獲得を熱望していることが伝えられ、今夏の移籍で合意に至ったことも報じられていた。しかし、財政難だったバルセロナは人員整理を進めることができず、デパイ獲得の資金を調達できなかったため、今夏の移籍は破談となった。

 リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長はデパイの移籍が成立しなかったことについて、「ロナルド・クーマンはメンフィスに希望を与えた。私は(バルセロナの)会長と2回話をしたが、彼はどうなるかわからないと言っていた」と交渉時から移籍成立は不透明だったことを強調しつつ、同選手がバルセロナへの移籍を諦めていないことも明かした。

「今日、彼(デパイ)はとても失望しているが、それはリヨンに対してではなく、よりバルセロナにだと思う。彼は来年1月の移籍市場で移籍するために、できる限り全てのことをするつもりのようだ。そしてそれを決めるのは私ではなく、ジュニーニョ(・ペルナンブカーノSD)だ」

 また、デパイのリヨンとの現行契約は2021年6月までとなっているが、オラス会長は「彼の契約を延長する考えを放棄してはいないが、彼はずっと『ノー』と言い続けているし、それは難しいと思う」と契約延長の可能性は低いことを示唆した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA