FOLLOW US

バルセロナ、7月の時点でメッシの退団意思を把握していた?

バルセロナ退団を望んでいるというメッシ [写真]=Getty Images

 リオネル・メッシバルセロナに退団の意思を伝えたのは現地時間8月25日だが、バルセロナ側は少なくとも7月の時点で彼に退団の意思があることを把握していたという。

 スペイン紙『マルカ』電子版によると、メッシと彼の代理人は退団意思の正式な通達より数週間前、少なくとも1カ月半前の時点で、これがバルセロナでのラストシーズンとなり、契約を解消する意向であることを決めていたという。

 メッシ側は複数回にわたってバルセロナ側に退団の意思を伝えていたため、バルセロナの責任者はそのことを把握していたという。

 しかし、これらの連絡はすべて非公式なものであり、正式な通達のためには法的に有効な文書を作成する必要があったため、メッシは8月25日に文書で退団の意思を通達した。

 メッシとバルセロナとの契約には、シーズン終了時にメッシ側が望めば無条件で契約を解消できる条項が含まれている。しかしバルセロナ側は、本来2019-20シーズンが終了するタイミングだった6月10日までにメッシが退団の意思を通達しなかったため、2021年6月までとなっている現行の契約が有効で、契約を解消することはできないと主張している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO