FOLLOW US

アルトゥールが契約解除要求、検査や練習に現れず…バルサは懲戒処分を用意

バルセロナと対立するアルトゥール [写真]=Getty Images

 バルセロナは、ブラジル代表MFアルトゥールに対する懲戒処分を用意しているようだ。28日、スペイン紙『マルカ』が報じた。

 アルトゥールは6月30日、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチとのトレードでユヴェントスへの完全移籍が決定。このトレード移籍が各方面で物議を醸すなか、アルトゥールもクラブからの扱いに不満を覚え、8月のチャンピオンズリーグ決勝トーナメントへの参加を拒んでいるようだ。

 アルトゥールは現在ブラジルに帰国している模様で、27日に行われた新型コロナウイルスの検査に姿を見せず、28日の練習にも参加しなかった。また、アルトゥールバルセロナに対し、移籍よりも1カ月早い契約解除を要求したとも伝えられた。

 しかし、バルセロナアルトゥールのリクエストを拒否。さらに、アルトゥールの行為を反逆や規律違反とみなし、同選手に対する懲戒処分を用意しているようだ。文書はすでにクラブの法務部に渡っており、処分はまもなく下されるという。

 現在23歳のアルトゥールは、2018年にグレミオからバルセロナに完全移籍。クラブOBのシャビ氏にも例えられるなど、バルセロナのファンからも成長と活躍を期待されていた。しかし、クラブの財政的な事情を理由に、今回のトレード移籍が実現。移籍決定後はリーグ戦6試合で出場がなかった。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA