FOLLOW US

バルサ会長、セティエン監督の来季続投を示唆…FWメッシの去就にも言及

バルセロナのバルトメウ会長 [写真]=Getty Images

 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、来シーズンについて言及した。26日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 今シーズン、バルセロナは3シーズン目の指揮を執っていたエルネスト・バルベルデ監督を今年の1月に解任。後任には現在のキケ・セティエン監督が招へいされたが、ライバルのレアル・マドリードにリーグタイトルを譲る結果となった。

 現地ではセティエン監督に対して、戦術面や選手との関係性を問題視する声も少なくない。クラブのレジェンドであり、現在はカタールのアル・サッドで指揮を執るシャビ・エルナンデス氏への監督交代も噂されているが、バルトメウ会長は現監督に信頼を寄せているようだ。以下のように語っている。

「シャビと私は素晴らしい関係を築いている。しかし、今はキケ・セティエンがバルセロナの監督であり、来シーズンの契約も残っている。彼はこれから行われるチャンピオンズリーグで、我々の大きな目標へ導いてくれると信じているよ。ナポリ戦はそのための第一歩であり、彼は次のシーズンも続投するだろう」

 またバルトメウ会長は、チームのキャプテンを務めるFWリオネル・メッシの去就についても言及した。

「メッシはこれまで、彼にとって生涯のクラブであるバルセロナで引退すると何度も言っている。現在の契約期間である2021年を過ぎてからずっと先も、ここでプレーしてくれるだろう。疑いの余地はないよ」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO