FOLLOW US

ジダンは“レアルのファーガソン”に? ペレス会長が“ほぼ生涯契約”を用意か

レアル・マドリードをリーグ優勝へ導いたジダン監督 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードを3シーズンぶりのリーグ優勝に導いたジネディーヌ・ジダン監督。クラブとの契約は2022年6月までとなっている一方、リーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)最終節レガネス戦の前日記者会見では「ここでの生活は気に入っているが、サッカーの世界では何が起こるか分からないし、1日ですべてが変わりうる」と語り、その去就が不透明であることも示唆した。

 そんなジダン監督に対し、フロレンティーノ・ペレス会長が特別な契約を準備しているという。レアル・マドリードに関する様々な情報を発信する『Defensa Central』が伝えている。

 ジダン監督に関しては現在、ユヴェントスパリ・サンジェルマンが引き抜きを画策していると言われている。しかし、ペレス会長は彼の手腕に満足しており、できるだけ長くクラブにとどめたいと望んでいる。

 そこで用意しているのが“ほぼ生涯契約”で、ジダンが望む限り監督の座にとどまることができるというもの。ペレス会長は今後、数週間以内に新たな契約を提示する予定だという。

『Defensa Central』はマンチェスター・Uで27年間にわたって指揮を執ったアレックス・ファーガソン監督を例に出し「フロレンティーノはジダンが“レアル・マドリードのファーガソン”になることを望んでいる」と伝えている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA