FOLLOW US

S・ラモス&マルセロ、今季リーグ優勝で22個目のタイトルを獲得…クラブ記録まであと1つ

レアル・マドリードのマルセロ(左)とS・ラモス(右) [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとブラジル代表DFマルセロは、今シーズンのリーグ優勝で22個目のタイトルを手にした。17日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 S・ラモスは2005年からレアル・マドリードに在籍し、マルセロは2007年から同クラブに在籍。両選手はファビオ・カペッロ監督(当時)が率いた2007年にリーガ・エスパニョーラを優勝し、個人として初のタイトルを獲得した。両選手はそれからの13年間でリーガ・エスパニョーラを4回(今シーズンのリーグ優勝を含む)、コパ・デル・レイを2回、チャンピオンズリーグを4回、クラブW杯を4回、UEFAスーパーカップを3回、スーペルコパを4回制覇。

 合計で22個という、驚異的なタイトル獲得数を誇っている。

 なお、クラブ史上最多は1953年から1971年まで在籍したフランシスコ・ヘント氏が記録した23個。そのためS・ラモスとマルセロは、クラブ記録に並ぶまであと1つとなった。

 今シーズン残されたタイトルは、8月に再開するチャンピオンズリーグ。ラウンド16第1戦に黒星を喫したマンチェスター・Cとの第2戦からとなるが、果たして両選手はさらなるタイトルを獲得できるのだろうか。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO