FOLLOW US

心から喜べない?…ベイル、ジダン胴上げの横で微妙な表情

ジダン監督の胴上げ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは16日に行われたリーガ・エスパニョーラ第37節でビジャレアルを下し、3シーズンぶり34回目のリーグ優勝を達成した。しかし、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルはチームの優勝を心から祝うことができないようだ。

 ベイルはリーグ再開後、全試合で招集メンバー入りを果たしているが、出場はわずか2試合の100分間のみ。ジネディーヌ・ジダン監督の構想外とも言われるなか、直近6試合はビジャレアル戦も含めて連続でベンチ入りも出場がない。また、前々節のアラベス戦での“居眠り”や前節グラナダ戦での“双眼鏡”ジェスチャーなど、立ち居振る舞いが様々な憶測を呼んでいる。

 大手メディア『ESPN』はビジャレアル戦後にジダン監督が胴上げされる様子を写真で紹介。チームメイトが笑顔でジダン監督の下に集うなか、ベイルは少し離れた位置から、えもいわれぬ表情でその様子を見つめていた。『ESPN』は「ベイルはこれ以上、ジダンの下で幸せになることができない」とキャプションを付けている。

[写真]=Getty Images

 またベイルは、固い表情でジダン監督と抱擁を交わす様子や、セレモニー後に俯きながらピッチを後にする様子も写真に収められた。喜びを爆発させるチームメイトとは対照的なその姿は、噂される今夏の退団を裏付けるものにも思われるが、果たして同選手とジダン監督は袂を分かつことになるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO