FOLLOW US

ジダン監督、エイバル戦前半は評価も…後半の内容に満足せず選手を叱責

エイバルに3-1で勝利したレアル・マドリード [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督は14日のエイバル戦で後半の内容に納得がいかなかったようだ。同日のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 レアルは4分にドイツ代表MFトニ・クロースの先制点で勢いに乗ると、30分と37分にそれぞれスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとブラジル代表DFマルセロが追加点を挙げて点差を離す。しかし後半はパフォーマンスを落としスペイン人FWペドロ・ビガスに1点を返されてしまう。3-1で危なげなく勝利したものの課題の残る再開初戦となった。

 ジダン監督は試合後の会見で、「前半は説得力があった。重要な3ポイントだ」と評価し、「後半は難しかったね。フィジカルの問題かどうかはわからないけど、僕たちは乗れていなかった」と振り返った。会見では怒りを露わにしなかったが、試合後には珍しく選手たちを直接叱ったという。

 同監督はハーフタイム後にチームが集中力を欠き、リラックスした様子を見せていたことに不満があったようだ。リーグ戦再開後初戦ということもありチームのパフォーマンスが上がらなかったと考えられる一方で、このような気の緩みが今シーズン通して初めてではないこともその一因だという。

 レアル・マドリードは勝ち点差2で首位バルセロナを追っている。過密日程の中で残り10節を戦い、逆転優勝を勝ち取るためには一試合も気を抜くことが許されない。バルセロナも今節マジョルカに着実に勝利しており、リーガの優勝争いからはますます目が離せない。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA