FOLLOW US

バルサ指揮官、再開初戦に満足感…ブライトバイテ、アラウホ、スアレスを称賛

マジョルカ戦を振り返ったセティエン監督 [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第28節が13日に行われ、バルセロナがマジョルカを4-0で下した。試合後、バルセロナを率いるキケ・セティエン監督がコメントを残した。スペインメディア『ムンド・デポルティーボ』が14日に伝えている。

 セティエン監督は試合全体を総括して「改善すべき点はあったが、全体的には満足している。こうやって始めることが将来への大きな刺激になる」とコメント。続けて、チームにとって2ゴール目を挙げたデンマーク代表FWマルティン・ブライトバイテに言及。バルセロナ加入後初得点を挙げた同選手を以下のように称賛している。

「ブライトバイテはとても良かった。左ウィングにうまく適応して、いつも正しいプレーをしてくれる。ゴールも決めて、非常に良い働きをしてくれた。バルセロナのようなチームにやってきて活躍することは簡単ではない。彼を祝福しなければならないね」

 セティエン監督は同試合のスタメンに抜擢したウルグアイ人DFロナウド・アラウホについて「バルサBとは異なるプレーを要求しなければならなかった。簡単ではなかったと思うが、全てにおいて信頼できるプレーだった。彼は非常に頭の良い選手で、よくやってくれたよ。素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれて、彼のことを誇りに思っている」と話した。また、今年1月以来の復帰を果たしたウルグアイ代表FWルイス・スアレスについては「彼は復帰してすぐに並外れたレベルであることを証明した。私たちが知っているルイスの姿だった。彼はすぐに最高のコンディションを取り戻してくれると思う。彼の存在は非常に重要だ」と語っている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA