FOLLOW US

なんとか放出を…バルサ、コウチーニョの移籍先での給料一部負担も覚悟か

バルセロナからの移籍が近づくコウチーニョ [写真]=Getty Images

 バルセロナはブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの放出に向け、その高額な給料の来季以降の一部負担も覚悟しているようだ。12日、イギリス紙『テレグラフ』が報じている。

 現在バルセロナからのレンタル移籍でバイエルンに所属するコウチーニョだが、来季スペインの古巣に戻ることはなさそうだ。クラブはブラジルのテクニシャンを放出しようと考えており、バイエルンとの再契約やプレミアリーグへの復帰が囁かれている。しかしコウチーニョとの契約においては、その高給が1つの大きなネックとなっているようだ。

 コウチーニョの週給は20万ポンド(約2700万円)と言われており、各クラブが受けた新型コロナウイルスの影響による経済的打撃を考えると、その大きな支出の決断は難しい模様。そこで、補強資金確保のためにもなんとかこのブラジル代表を換金したいバルセロナは、来季以降も移籍先でのコウチーニョの給料を一部負担することを考えているようだ。これを受けて新たにコウチーニョ獲得へ本腰をあげるクラブは出てくるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA