FOLLOW US

アトレティコがクラブ創設117年目! シメオネ監督らが続々とSNSで祝福

クラブ創設117年目を迎えたアトレティコ [写真]=Getty Images

 26日にアトレティコ・マドリードがクラブ創設117年目を迎え、監督や選手、OBがツイッターに祝福の言葉を投稿した。同日に、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 まず口火を切ったのは、現役時代にアトレティコでプレーし、現在は指揮官を務めるディエゴ・シメオネ監督だった。「117年という歳月の中で、アトレティコは成長し、連帯感を持ち、強くなり、世代から世代へと受け継がれていった」と、自身のツイッターでクラブが育んだ歴史を称賛している。

 キャプテンのMFコケが「117年かけて培われたマドリードのプライドと情熱、赤と白の誇り。アトレティ、おめでとう」と祝福すると、MFサウール・ニゲスも「117年にわたる情熱、戦い、犠牲の数々があってこそ」と続いた。2018年まで在籍した元キャプテンのMFガビは、DFディエゴ・ゴディン(現インテル)と共に2013-14シーズンのリーグ優勝を祝った時の写真を添えつつ「その手で空に触れるベストの方法、117年おめでとう」と独特の言い回しでクラブを称えた。

 Jリーグでもプレーしたフェルナンド・トーレスは「まるで兄弟のように戦った117年、本当におめでとう」と古巣に思いを寄せた。リーガ・エスパニョーラにおけるバルセロナレアル・マドリードの“2強体制”を崩したアトレティコは、これからも偉大な歴史を紡いでいくことだろう。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA