FOLLOW US

クラシコ先制弾はハンバーガーのおかげ!?…ヴィニシウス、先輩マルセロとの“約束”明かす

レアル・マドリードのヴィニシウス(左)とマルセロ(右) [写真]=Getty Images

 大一番での貴重なゴールは先輩と約束したハンバーガーのおかげだったのかもしれない。レアル・マドリードに所属するブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが“エル・クラシコ”で決めたゴールの秘話を明かした。スペイン紙『マルカ』が17日に報じた。

 ヴィニシウスは16日にチームメイトのブラジル代表DFマルセロのインスタライブに登場。“先輩”からレアル・マドリードでのお気に入りのゴールを問われると、「もちろん、バルセロナ相手のゴールだよ」と答えたという。

 3月1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第26節のバルセロナ戦で、ヴィニシウスは71分に先制ゴールを挙げて2-0の勝利に貢献。ドイツ代表MFトニ・クロースからのスルーパスを受けてペナルティエリア左へ抜け出し、角度のないところから右足シュートをニアに突き刺して今シーズンのリーグ戦2点目を挙げていた。

 大一番での得点をベストゴールに挙げたヴィニシウスは続けて、「そういえば、ハンバーガーの借りがある。クラシコで僕がゴールを決めたらおごってくれる約束だったよね」とコメント。マルセロと「ゴールを決めたらハンバーガー」の約束をしていたことを明かした。

『マルカ』紙によると、マルセロは、ヴィニシウスが2018年夏に加入して以来、よく面倒を見ていて、いい関係を築いているという。ハンバーガーのエピソードだけでも2人の仲の良さがうかがえるが、ヴィニシウスは、「本当に感謝している。ピッチでは僕のポジションを修正したり、攻撃のためによく声をかけてくれる」と改めて先輩に感謝を伝えたという。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO