FOLLOW US

久保建英、西紙『アス』のインタビューに…「ベルナベウでプレーしたい」「すべては自分次第」

レアル・マドリードからマジョルカに期限付き移籍中の久保建英 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードからマジョルカに期限付き移籍している日本代表MF久保建英がスペイン紙『アス』のインタビューに応じた。12日付で同紙が伝えている。

 本来であれば、マジョルカは12日にエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリードと対戦する予定だった。久保はレンタル元との試合への思いを「本当はプレーしたかった。すべての試合が大事だけど、この試合は特別」と語っている。また、新型コロナウイルスの感染が広がるスペインで自宅待機中の久保は、「健康が一番大事。家でできることをして状態を保っているよ」と現状を報告した。

 レアルでの居場所を問われた久保は「すべて自分次第」とした上で、「今はマジョルカで全力を尽くして、そこで競争できることを示したい」と力強く語った。

「マドリードのようなクラブが他のチームと違うのは明らか。すべての選手がトップレベルにいてそこで居場所を確保するのは難しいこと。それでも努力を続けて機会を待つつもりだ。チャンスがあれば、利用するよ」

 最後に、来シーズンについて聞かれた久保は「まだ何も決めていない」と述べ、「マドリードのユニフォームを着てベルナベウでプレーしたい。それでも今はまだ勉強中だよ」と加えた。

「(夢は)偉大なサッカー選手になってマドリードや日本代表で素晴らしいことを成し遂げること」

 久保は今シーズン、リーグ戦24試合に出場していて3ゴール3アシストを記録している。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO