FOLLOW US

ヨヴィッチ、法律違反で逮捕の可能性も「自分が招いた結果を受け入れる」

自身の行動について言及したヨヴィッチ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチは、自身の行動について言及した。スペイン紙『マルカ』が20日に報じている。

 レアル・マドリードは新型コロナウイルスの影響により、今月12日から施設を閉鎖。クラブ所属の選手は2週間、自宅での隔離措置の指示を受けていた。ヨヴィッチはその後、母国セルビアに帰国して、交際中の女性の誕生日パーティーに参加した模様だ。同選手は自身のインスタグラムにて「クラブの許可を得て帰国した」と述べている。

 しかし、現在セルビアでは非常事態法が導入されており、新型コロナウイルス蔓延を阻止するため、感染が広がっている国から帰国した場合は最大28日間自主的な隔離を求められている。そのため、同選手は法律違反で逮捕される可能性が浮上した。

 ヨヴィッチは自身の行動について言及。「規則を知らなかったため、自主隔離を無視する形になってしまった。もちろん、僕は自分が招いた結果を受け入れるよ」と述べている。

 なお、スペイン紙『アス』によると、セルビアのベオグラード・ニコラ・テスラ空港が3月20日から閉鎖され、当局や医療関係者、物資提供に使用が限られることになる模様。そのため、ヨヴィッチはスペインに戻れなくなる可能性も出てきているという。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA