FOLLOW US

今季好調のソシエダに朗報…主将のイジャラメンディが腓骨骨折から復帰へ

第3節のバスク・ダービーで負傷したイジャラメンディ [写真]=Getty Images

 レアル・ソシエダに所属している元スペイン代表MFアシエル・イジャラメンディが復帰に近づいているようだ。スペイン紙『マルカ』が27日に報じている。

 今シーズン、イジャラメンディはリーガ・エスパニョーラ開幕から3試合連続でスタメンに名を連ねていた。しかし、昨年8月30日に行われた第3節、アスレティック・ビルバオとのバスク・ダービーで腓骨を骨折。長期離脱を余儀なくされていた。

 今回の報道によると、イジャラメンディはピッチで軽いトレーニングを開始した模様だ。同選手のSNSには笑顔でピッチを走っている写真が投稿されており、今シーズン中のキャプテンの復帰に期待が高まっている。

 レアル・ソシエダは今季のリーガ・エスパニョーラでは24試合を終えた段階で(1試合未消化)現在6位。4位のセビージャとは勝ち点「3」差で、2013-14シーズン以来となるチャンピオンズリーグ出場が狙える位置につけている。また、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)でも準々決勝でレアル・マドリードを下しており、13日に行われた準決勝ファーストレグでは2部のミランデスに2-1で勝利。決勝進出に大手をかけている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO