FOLLOW US

PSG移籍報道も…レアルのヴィニシウスがクラブ愛を強調「選択の余地なんてない」

レアル残留の意思を示したヴィニシウス [写真]=Getty Images

 6日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準々決勝で、レアル・マドリードレアル・ソシエダに3-4で敗れた。7日にスペイン紙『マルカ』が、試合後に行われたブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールのインタビューを報じている。

 本拠地『サンティアゴ・ベルナベウ』にソシエダを迎えた一戦は、1点ビハインドで前半を折り返した。54分と56分にも立て続けに失点すると、59分にマルセロが反撃の一撃を決めるも、69分に決定的な4点目を決められる。81分にロドリゴ、93分にナチョ・フェルナンデスのゴールで何とか追いすがるもあと1点が足りず、レアルはスペイン国王杯敗退を強いられることになった。

 ソシエダ戦にスタメンフル出場したヴィニシウスは、試合後にインタビュー対応を行い、噂されているパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍報道について言及した。

「PSG? 選択の余地なんてないよ。ここに残りたいんだ。個人的には、昨シーズンのレベルに達していると思っている。特に、この1月から2月はとても良かったね」

「負傷することなく、このまま続けていきたいよ。(ジネディーヌ・)ジダン監督は、僕に必要な自信と出場機会を与えてくれるんだ」

 スペイン国王杯ではチームの勝利に貢献できなかったヴィニシウスだが、今後も“白い巨人”の一員であり続けることを望んでいるようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA