FOLLOW US

ヨヴィッチがレアルからのオファー当時と現状を語る「レアルの選手であることを証明する」

ヨヴィッチがレアル・マドリードでの生活を語った [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチが、同チームからのオファー当時や現在の心境を語った。スペインメディア『マルカ』が4日に報じている。

 昨シーズンまでフランクフルトに在籍していたヨヴィッチは、32試合で17ゴールを記録して一躍注目の的となった。レアル・マドリードはエージェントを通じてオファーを出したが、「僕をからかわないでくれ」と仰天のオファーを信じられなかった様子。しかし、打診が本当であると知ってからは「イエスと答えたね。世界最高のチームは1度しか電話をかけてこなかったし、これは間違いではないと思ったよ」と振り返った。

 現在ヨヴィッチは14試合に出場し、わずか1ゴールと苦しんでいる。「セルビアでは、今の僕のパフォーマンスをみたら批判的な意見は今も出てくる。でも、僕はうまくやれると信じているし、レアル・マドリードの選手であることを証明するよ」と前向きだ。さらに、「ソーシャルメディアもあまり使っていなくて、試合とトレーニングに集中しているよ。適応する期間の真っ只中にいるので、一生懸命トレーニングしなきゃいけないね」とストイックな一面も見せた。

 現在の生活には満足している様子で、何より早朝のトレーニングがないことに喜びを感じている。不眠症と睡眠障害に悩まされていたヨヴィッチにとってレアル・マドリードの練習ペースは体に合っており「トレーニングはドイツよりもずっと楽しんでいるし、居残り練習をしたりマッサージを受けたりしているよ」と充実感を口にした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA