FOLLOW US

イニエスタがバルベルデ監督解任のバルサを批判…「リスペクトは常にあるべき」

古巣バルサを批判したイニエスタ [写真]=Getty Images

 元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、古巣であるバルセロナの、スペイン人指揮官エルネスト・バルベルデ氏に対する扱い方に関して持論を展開した。13日、スペイン紙『アス』が報じている。

 バルセロナはリーグ戦ここ4試合で1勝3分と、いまいち波に乗ることができていない。リーグ首位を維持はしているものの、クラブの雰囲気はあまり良いものではないようだ。13日にバルベルデ氏の解任が発表される前に行われたインタビューで、クラブOBのイニエスタは次のように語っている。

「(バルベルデ氏の状況に関して)少し感じるのは、全てのことが行われるやり方が少しまずいんじゃないかということだね。僕は、監督に対するリスペクトは常にあるべきだと思っている。監督の立場はとても弱くなってしまったよね」

 バルベルデ氏を解任し、新たにキケ・セティエン氏を指揮官に迎える決断をしたバルセロナは、ここから上昇気流に乗ることができるのだろうか。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO