FOLLOW US

新形式のスーペルコパ、決勝進出第1号はレアル…クロースが直接CK弾

スーペルコパ準決勝を制したレアル [写真]=Getty Images

 スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)の準決勝が8日に行われ、レアル・マドリードとバレンシアが対戦した。

 今シーズンから新形式となったスーペルコパ・デ・エスパーニャ。昨季までは8月の新シーズン開幕前に前年度のリーガ・エスパニョーラ王者とコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)王者が対戦する形式であったが、今季からはコパ・デル・レイの優勝、準優勝チームと、その2チームを除いたリーガ・エスパニョーラの上位2チームがトーナメントで優勝を争う方式に変更された。開催地もサウジアラビアとなっている。

 試合は序盤からレアル・マドリードが主導権を握る展開に。15分、レアル・マドリードが左からのコーナーキックを獲得すると、キッカーのトニ・クロースは素早いリスタート。直接狙ったシュートがゴールに吸い込まれ、レアル・マドリードが先手を取った。

 攻撃の手を緩めないレアル・マドリードは39分、ダニエル・カルバハルのスルーパスに抜け出したフェデリコ・バルベルデがペナルティエリアの深い位置に侵入する。バルベルデはダイレクトで折り返すと、中央で待っていたルカ・モドリッチがシュート。この一撃は相手DFに防がれるも、こぼれ球を拾ったイスコが右足を振り抜く。狙いすました一撃が突き刺さり、レアル・マドリードが点差を広げた。

 2-0で折り返した後半、レアル・マドリードが試合を決定付ける。65分、ルカ・ヨヴィッチのパスを受けたモドリッチが、アウトサイドで技ありシュート。ボールはサイドネットを揺らし、レアル・マドリードが3点目を奪った。

 バレンシアは後半アディショナルタイムにダニエル・パレホがPKを沈めて1点を返すも、反撃はここまで。試合はこのままタイムアップを迎え、レアル・マドリードがバレンシアを3-1で下した。

 勝利したレアル・マドリードは12日、9日に行われるバルセロナ対アトレティコ・マドリードの勝者と決勝戦で対戦する。

【スコア】
バレンシア 1-3 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 15分 トニ・クロース(レアル・マドリード)
0-2 39分 イスコ(レアル・マドリード)
0-3 65分 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
1-3 90+2分 ダニエル・パレホ(PK/バレンシア)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA