FOLLOW US

レアルOBが渦中のベイルに言及「ベルナベウでは苦労するだろうが…」

レアル・ソシエダ戦に途中出場したベイル [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのOBでスペイン代表でも活躍した、現在は取締役を務めるエミリオ・ブトラゲーニョ氏が、同クラブ所属のウェールズ代表FWギャレス・ベイルについてコメントした。24日、スペイン紙『AS』が伝えている。

 ベイルは、「レアル・マドリードでプレーするよりもウェールズ代表でプレーする方が感動的」発言や、「ウェールズ代表、ゴルフ、マドリード。この順番」と書かれたフラッグを掲げ波紋を呼んでいる。

 そんな中ベイルは、23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第14節レアル・ソシエダ戦で、後半から途中出場。激しいブーイングの中プレーし、クロスから得点の起点になるなどチームの勝利に貢献した。

 ブトラゲーニョ氏はレアル・ソシエダに勝利したチームを「チームは素晴らしい試合をした。我々は上位の、偉大な相手と対戦した。チームはしっかりと成熟、団結、連帯感のあるパフォーマンスを見せたね。我々は勝つことができ、ポジティブなサインを生み出すことができた」と称賛。続けて「彼はベルナベウ(レアル・マドリードのホームスタジアム)でプレーするのに苦労するだろう」としながら次のようにコメントした。

「彼は30分の素晴らしい時間を過ごした。彼は私たちを助けてくれる特徴を持つ選手で、スペースを作り出そうとしてくれるし、素晴らしいシュートでゴールを決めてきた。彼は優れている。そして、監督が言ったように、彼は私たちにとって非常に重要な存在だ。(レアル・ソシエダ戦で)彼はそれを示した。我々はいくつかの大きな課題が残っているし、彼は私たちを助けてくれるだろう」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO