FOLLOW US

アトレティコがUー23ブラジル代表MFの獲得に近づく…移籍金は約36億円か

アトレティコ・マドリードが獲得を狙うギマラエス [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードは、アトレチコ・パラナエンセに所属するUー23ブラジル代表MFブルーノ・ギマラエスの獲得に近づいているようだ。19日、スペイン紙『アス』が報じている。

 ギマラエスは母国のアトレチコ・パラナエンセでプレーする、22歳の守備を持ち味とするブラジル人MF。クラブとの契約は2023年まで残っているが、本人に契約を更新する意思はなく、近い将来の移籍が現実的となっているようだ。チェルシー、ベンフィカ、ポルトといったクラブが興味を示す中、フラメンゴが獲得に本腰を上げているという。

 そんな中、現在最もギマラエスの獲得に近づいているとみられているのがアトレティコ・マドリードだ。アトレチコ・パラナエンセのクラブ弁護士が先週スペインに渡っており、3000万ユーロ(約36億円)もの移籍金がかかるといわれる契約の成立は間近なようだ。なお両クラブ間の関係は、今夏のブラジル代表DFレナン・ロディの移籍を経て良好なものになったとも報じられている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA