FOLLOW US

VARシステムに故障?…レガネス会長がVARの判定に再試合を要求

PKを蹴るロジェール・マルティ [写真]=Getty Images

 レガネスは、ビデオアシスタントの審判システムが間違っていたと主張し、レバンテとの試合を再試合にするよう訴えているようだ。5日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 レガネスは、前半に起きたディミトリス・シオヴァスによるロジェール・マルティに対してのファールがペナルティーエリア外にも関わらず、誤ってペナルティーキックになったと信じているようだ。このときムヌエラ・モンテロ主審の通信機器は故障しており、その後第4の審判が電話でVARの決定を伝えと同メディアは報じている。結果的には判定が覆ることはなく、レバンテはこれで得たPKでリードを奪うことに成功し、最終的にレガネスはこの試合に1-2で敗北している。

 レガネスのビクトリア・パボン会長は、事件が起こった44分から試合のリプレイを要求すると述べた。「この試合では非常に深刻な事態が発生した。例えば、エリア外でのファールであるペナルティをコールするようなものだ」とパボン会長は主張している。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA