FOLLOW US

バルサ、グリーズマン獲得時の不正接触で3.5万円の罰金…今夏145億円で移籍

今夏にアトレティコからバルセロナに移籍したグリーズマン [写真]=Getty Images

 バルセロナが、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの獲得において不正を行ったとして、スペインサッカー連盟(RFEF)に300ユーロ(約3万5000円)の罰金を科された。スペイン紙『マルカ』が26日に報じた。

 バルセロナは7月にアトレティコからグリーズマンを獲得。1億2000万ユーロ(当時レートで約145億円)の契約解除金を支払い、5年契約を締結していた。だが、アトレティコは、バルセロナが3月から同選手との交渉を開始し、契約解除金が2億ユーロ(約236億円)から1億2000万ユーロに下がる7月1日よりも前に合意に至っていたとして、金額が不足していると主張していた。

 RFEFによると、グリーズマンがアトレティコとの契約を残しているにもかかわらず、バルセロナとの契約にサインしたという疑惑は証明できなかったという。それでも、バルセロナがアトレティコの許可なしに交渉を始めたことで、罰金処分が決まった。

 この不正疑惑に対して罰金300ユーロでは処分が軽すぎるとして、ホームゲームでの無観客試合処分を下される可能性も報じられていたが、RFEFによると「十分な理由ではない」として、無観客試合処分は科されなかった。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA