2019.08.20

レアルのペレス会長、FWベイルの活躍に太鼓判…今季以降の残留も支援へ

2013年、レアル入団会見時のベイルとペレス会長 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、今シーズンにおけるウェールズ代表FWギャレス・ベイルの活躍を確信し、今後もクラブに残るよう支援するようだ。イギリスメディア『Sports MOLE』が19日付けで報じた。

 ベイルは、昨シーズン途中から現在も指揮を執るジネディーヌ・ジダン監督から構想外とみなされ、今夏の移籍が濃厚と言われてきた。しかし、中国スーパーリーグへの移籍が破談してから、ベイルがマドリードに留まる可能性が高くなってきている模様だ。

 そしてペレス会長には、ベイルが今シーズンのチームで大きな戦力になるという自信があるようだ。そのため、今後もベイルの支援を続ける構えを見せているという。

 実際、ベイルはリーガ・エスパニョーラ第1節のセルタ戦で先発出場を果たし、カリム・ベンゼマの先制点をアシストした。ジダン監督も考えを改め、ベイルがスペインの首都に残ることを認めたと言われている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング