2019.06.15

“日本のメッシ”に世界も注目…久保建英のレアル加入、BBCなど各国メディアも報道

久保建英
レアル加入が発表された久保建英 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF久保建英レアル・マドリード加入が世界のメディアを賑わせた。

 レアル・マドリードは14日、久保の獲得をクラブ公式サイトで発表。来シーズンはカスティージャ(Bチーム)でプレーすることを伝えつつ、「世界で最も有望な選手の1人。素晴らしいテクニック、スキル、プレービジョン、ドリブル、そして得点能力を兼ね備えた攻撃的ミッドフィルダー」と称賛とともに紹介した。

 現地メディアの『マルカ』紙は、移籍金が200万ユーロ(約2億4000万円)で年俸は100万ユーロ(約1億2000万円)と報道。同じく現地紙『アス』は「元バルサの日本人、タケフサ・クボがレアル・マドリードとサインした」との見出しで「レアル・マドリードがクボのサインを巡った“クラシコ”に勝った」と伝えた。

 イギリスメディア『BBC』も久保の移籍を報道。「レアル・マドリードFC東京から10代の日本人を獲得」と伝え、9歳〜13歳までバルセロナの下部組織に所属し、クラブが18歳未満の外国人選手獲得に関する規定に違反したことで、日本に帰ることになったことなどを伝えている。

 その他、イギリスメディア『スカイスポーツ』、ドイツ紙『ビルト』、フランス紙『レキップ』、アメリカメディア『ESPN』などはこぞって、「“日本のメッシ”がレアルに移籍」と報じている。

 また、『レキップ』紙は「来シーズンはBチームでプレーするが、プレシーズンはトップチームに帯同するだろう」と伝え、『ESPN』もレアル加入当初はBチームでプレーしたノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーアやブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールを引き合いに出して、「カスティージャでプレーしつつ、ジネディーヌ・ジダン監督率いるトップチームと練習を行うだろう」と記している。

『スカイスポーツ』は、最近レアル加入が発表されたセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチ、ベルギー代表MFエデン・アザール、フランス代表DFフェルランド・メンディの3選手の名前を挙げつつ、「クボが最近のサンチャゴ・ベルナベウ(レアルの本拠地)移籍組に加わった」とコメント。ドイツ誌『kicker』は、合計移籍金約370億円と見られている3選手に久保が続いたため、「レアル・マドリードが新加入選手を発表した。でも今回は格安のタレントだ」と伝えている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング