2019.05.17

アトレティコ会長がロドリの去就に言及…「移籍するかどうかは本人次第」

ロドリゴ・エルナンデス
マンCが獲得を狙うアトレティコのロドリ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードは、スペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスが今夏の退団を希望する場合、それを容認するつもりのようだ。16日にイギリス紙『マンチェスター・イヴニング・ニュース』が報じた。

 22歳のロドリゴは、ブラジル代表MFフェルナンジーニョの後釜を探すマンチェスター・Cの今夏の移籍市場における最優先のターゲットとされており、同クラブは同選手の違約金7000万ポンド(約98億円)を支払う用意があると以前から噂されていた。

 そのような中、現地ラジオ局の番組に出演したアトレティコ・マドリード会長のエンリケ・セレソ氏がロドリゴの去就について言及し、「現段階ではロドリゴはアトレティコ・マドリードの選手だ。しかし、もし明日彼がオファーを受け取って、彼自身が行きたいと言えば、移籍することになるだろう」と、移籍するかどうかはクラブが決めることではなく、ロドリゴ本人が決めることだと明かした。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング