2019.05.11

グリーズマン、バルサ行きを叶えるために加入後の減俸受け入れか

アントワーヌ・グリーズマン
バルセロナ移籍の噂が絶えないグリーズマン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、今夏のバルセロナ移籍を望んでいるようだ。10日にスペイン紙『アス』が報じた。


 以前からグリーズマンへの関心を示していたバルセロナは、今夏にも同選手の獲得を試みるようだ。アトレティコ・マドリードと同選手の契約には、7月から発動する1億2000万ユーロ(約148億円)の違約金条項が含まれており、バルセロナは同額を支払いクラブ間合意に漕ぎ着けると見られている。

 しかし、グリーズマンが現在アトレティコ・マドリードから受け取っている2300万ユーロ(約28億円)の年俸は、バルセロナがこの移籍交渉を進める上で最大の障壁となる。そのため、同クラブの一員になることを望んでいるとされる同選手は移籍を実現させるために、加入後の減俸を受け入れるつもりだという。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング