FOLLOW US

去就注目のハメス、バイエルンが買い取りオプション行使か…ルンメニゲ代表が示唆

9日のヴォルフスブルク戦では1得点を挙げたハメス・ロドリゲス [写真]=Bongarts/Getty Images

 レアル・マドリードから2年間のレンタル移籍でバイエルンに加入しているコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス。レンタル期間が終了に近づく中、レアル・マドリードへ復帰するのか、バイエルンが買い取りオプションを行使するのか、長きに渡って取り沙汰されてきた去就問題が決着に迫っているようだ。ドイツ誌『kicker』日本語版が11日に報じている。

 報道によると、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ代表は「ハメスを気に入っている。素晴らしい左足を持った世界的スター選手だ。買い取りオプションの期日は6月15日に設定されていて、時間は十分に残されてはいる。しかし、彼がここにいることを皆がハッピーに思っているし、このまま来シーズンもバイエルンでプレーするものとみている。ニコ・コヴァチ監督も、彼のクオリティーをそう思っていることだろう。両者の間に問題があるとは思わない」と語った。

 今シーズンの前半戦では負傷などの影響もあり、思うように出場機会を得られていなかったJ・ロドリゲスだが、監督の意向を理解して臨んだ後半戦では明らかにパフォーマンスが向上。年明け後はブンデスリーガの全試合に出場しており、DFBポカールやチャンピオンズリーグ(CL)でも重要な存在と目されている。なお買い取りオプション行使に要する金額は4200万ユーロ(約52億5000万円)と報じられている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA