FOLLOW US

「以前はうまくいっていなかった」…新天地で躍動するモラタが喜びを語る

アトレティコ加入後リーガ5試合で3得点を挙げているモラタ [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードは3月2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第26節でレアル・ソシエダと対戦し、2-0で勝利した。同試合にて2ゴールを挙げる活躍を見せたアトレティコ・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタが喜びのコメントを残した。3日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 まず、モラタは「3ポイントを取ることが非常に重要だった。アノエタ(レアル・ソシエダの本拠地)で勝つことは容易ではないけれど、僕たちはうまくやれたと思う」と試合を振り返った。

 モラタは今冬の移籍市場でチェルシーからアトレティコ・マドリードへレンタル移籍で加入した。以後はリーガ・エスパニョーラ全5試合にスタメンで出場し、チームの主力として活躍を続けている。レアル・ソシエダ戦では2ゴールを挙げてチームを勝利に導いたモラタは、アトレティコ・マドリードでプレーする喜びを以下のように語った。

「ここに来ることができて、そしてチームを助けることができてとても嬉しい。チームメイトのおかげで素早く適応することができた。FWはゴール数によって評価されるポジションだ。以前はうまくいっていなかったから、今はとても嬉しいよ」

 最後に、モラタはリーガ・エスパニョーラの優勝争いについてコメント。現時点でアトレティコ・マドリードは首位を走るバルセロナと勝ち点「7」差の2位となっているが、このまま白星を積み上げていくことが重要だと話した。

「僕たちにできることをやり続けるだけだ。このように勝ち点を積み重ねていけば、絶対にチャンスが来る。最後まで諦めずに戦い抜きたい。優勝のことは首位に立ってから考えたい。(優勝は)大事なことだけど、今の僕たちは目の前の試合に集中する必要がある」

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA