2019.02.12

元リヴァプールDFシュクルテル、今冬のバルサからのオファーを断る

マルティン・シュクルテル
フェネルバフチェに所属するシュクルテル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フェネルバフチェのスロバキア代表DFマルティン・シュクルテルが今冬バルセロナからのオファーを断っていことを同選手の代理人が明かした。スペイン紙『アス』が11日に伝えている。

 代理人は「バルセロナは信頼のできるセンターバックのバックアッパーを欲しがっていて彼にオファーした。だけど彼は(ジェラール・)ピケと(サミュエル・)ユムティティの控えになりたくないからと同意しなかったね」と同選手への関心があったことを明かした。また、「彼ら(バルセロナ)はスロバキアとウクライナの代表戦でシュクルテルを視察しに来たけれど、彼はトルコでプレーし続けたいと我々に言ったんだ」とコメントしている。

 1984年生まれで現在34歳のシュクルテルは2008年1月にゼニトからリヴァプールへ移籍。同クラブでは8年半プレーし、公式戦319試合に出場していた。2016年夏にフェネルバフチェへ完全移籍、今シーズンここまでリーグ戦16試合に出場している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る