2019.02.03

ソラーリ監督、負傷明けのベイルに言及「コンディションはとても良い」

ギャレス・ベイル
復帰戦で早速ゴールを決めていたベイル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードを率いるサンティアゴ・ソラーリ監督が、同クラブ所属のウェールズ代表FWギャレス・ベイルについて語った。2月2日付のスペイン紙『マルカ』が同監督のコメントを伝えている。



 1月3日に行われたリーガ・エスパニョーラ第17節ビジャレアル戦で左ふくらはぎを負傷し、ベイルは約2週間の離脱を強いられていたが、27日に行われた第21節エスパニョール戦で復帰を果たした。31日に行われたコパ・デル・レイ (スペイン国王杯)準々決勝セカンドレグのジローナ戦にも途中から出場しており、2月3日に行われる第22節アラベス戦にはスタメンで出場する可能性も浮上している。

 ソラーリ監督はアラベス戦の前日会見でベイルについて以下のように言及。コンディションが上がってきていることを強調した。

「彼はチームのスイッチを入れることができる選手だ。今、彼のコンディションはとても良い。チャンピオンズリーグのローマ戦やクラブワールドカップで見せたように、彼が持っているクオリティを存分に発揮してもらいたい」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る