FOLLOW US

モラタ移籍報道に一部ファンから反対も…シメオネ監督は獲得に含み

アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督 [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督が、チェルシーからの移籍が噂されるスペイン人FWアルバロ・モラタについて一部サポーターの反発を受けてコメントした。26日にスペイン紙『マルタ』が伝えている。

 アトレティコ・マドリードは、26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節ヘタフェ戦を2-0で勝利した。しかし、一部のサポーターからは「モラタよりもボルハ・ガルセスを」と、アトレティコ・マドリードの下部組織出身でありながら、かつてレアル・マドリードでプレーした経験を持つモラタの獲得に反対するチャントが聞かれた。そして「新生フェルナンド・トーレス」とも呼ばれる現在19歳の下部組織出身者、スペイン人FWボルハ・ガルセスを引き合いに出し、より多くのアカデミー出身の選手を起用するよう訴えた。

 一方、このチャントに対してのブーイングもあり、モラタの獲得はサポーターの間で賛否が分かれているようだ。シメオネ監督は試合後、獲得反対の意見にも理解を示したうえで「私はクラブやチームのために務めてくれる選手を探している」とコメントし、モラタの獲得に含みを持たせた。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA