FOLLOW US

マルセロ、レアルで472試合目の出場…歴代14位、トップはラウール氏

2007年1月からレアル・マドリードでプレーしているマルセロ [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードに所属するブラジル代表DFマルセロが、同クラブでの公式戦通算472試合目の出場を記録。出場数がクラブ歴代14位となった。クラブの公式HPが伝えている。

 マルセロは24日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準々決勝ファーストレグのジローナ戦でフル出場。4-2の勝利に貢献した。ホームで行われた同試合で、公式戦通算472試合目の出場を記録。レアル・マドリード歴代14位となった。なお、歴代首位は元スペイン代表のラウール・ゴンサレス氏で、741試合出場を記録している。

 マルセロが出場した472試合の内訳は、リーガ・エスパニョーラが331試合、チャンピオンズリーグ(CL)が93試合、コパ・デル・レイが28試合、スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)とFIFAクラブワールドカップが各8試合、UEFAスーパーカップが4試合。通算36得点を記録している。

 マルセロは1988年生まれの30歳。2007年1月からレアル・マドリードでプレーし、CLとFIFAクラブワールドカップ、リーガ・エスパニョーラを各4回、UEFAスーパーカップとスーペルコパ・デ・エスパーニャを各3回、コパ・デル・レイを2回制している。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA