2018.11.24

S・ラモスがCL決勝でドーピング? 独紙が疑惑を報道…レアルは完全否定

セルヒオ・ラモス
2017年のCL決勝でのドーピング疑惑を報じられたセルヒオ・ラモス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードは23日、主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスにドーピングの陽性反応が出たという報道を否定する声明を出した。

 ドイツ紙『デア・シュピーゲル』が報じたところによると、S・ラモスは過去に2度、ドーピング検査で陽性反応が出ていた模様。そしてその陽性反応が出た2試合のうち1試合は、4-1でユヴェントスを下した2017年のチャンピオンズリーグ決勝だったという。

 この情報はまたたく間に欧州中で報道された。そしてこれを受けて、レアル・マドリードはすぐに公式サイト上に声明を発表。S・ラモスがドーピング違反をしたことは一度もないことを次のように明言した。

1、セルヒオ・ラモス選手はアンチ・ドーピング規程を破ったことは一度もありません。

2、UEFAはその特別な情報を要請し、慣例に従い、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)およびUEFA自体の専門家の検証を終えた後、その事案を直ちに終了しました。

3、上記の刊行物(『デア・シュピーゲル』)によって公表されたその他の点について、クラブは不十分な証拠に対しては言及しません。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る