FOLLOW US

「前半の出来が決定的だった」…バルセロナ監督がベティス戦を振り返る

バルセロナのバルベルデ監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナは11日、リーガ・エスパニョーラ第12節でベティスをホームに迎え、3-4で敗れた。エルネスト・バルベルデ監督は、前半のパフォーマンスを悔やんでいる。

 バルセロナはこの試合、前半のうちに2失点を喫する苦しい展開となった。後半もさらに2点を献上。攻撃陣は3点を返したものの、競り負ける結果となっている。バルベルデ監督は、前半で勝負が決してしまったとの見解を示した。

「ベティスは前半で勝負を決めたと思う。彼らに中盤を支配されたとは思わないし、我々も支配できたわけではなかった。相手の最初のプレッシャーをかいくぐれるかがポイントだったと思う。我々は自分たちのスタイルを信じていたし、相手も同様だった。だが、前半の出来が決定的だったと思う」

 本拠地カンプ・ノウでのベティス戦では実に1998年5月以来となる黒星を喫したバルセロナ。次節は24日、勝ち点差「1」で3位につけるアトレティコ・マドリードとのアウェイゲームを戦う。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA