2018.11.12

バルサ、メッシ復帰も今季ホーム初黒星…ベティスが5戦ぶり勝利、乾は終盤出場

メッシ
メッシは戦線復帰を果たし2ゴールを挙げたが、チームを勝利に導けず [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第12節が11日に行われ、バルセロナはホームでMF乾貴士が所属するベティスに3-4で敗れた。乾はベンチスタートで、87分から途中出場した。

 リーグ戦3連勝中の首位バルセロナは、右腕骨折で離脱していたリオネル・メッシがスタメンで戦線復帰。しかし先に試合を動かしたのは、4戦未勝利の14位ベティスだった。20分、ジュニオル・フィルポがペナルティエリア内右に侵入し、右足シュートをニアに突き刺して先制。さらに34分には、ホアキン・サンチェスが右サイドからの折り返しを右足でゴール左隅に流し込み追加点を奪った。

 2点ビハインドで折り返したバルセロナは後半から猛攻に出ると、66分にジョルディ・アルバがエリア内で倒されてPKを獲得。68分にメッシがこのPKをゴール右に決めて1点を返す。しかしベティスは71分、ジオヴァニ・ロ・チェルソがエリア右から強烈なシュートを放つと、ボールは相手GKの手を弾いてゴールに吸い込まれ、リードを2点に戻した。

 それでもバルセロナは79分、メッシのスルーパスでムニル・エル・アダディがエリア左に抜け出し、横パスをアルトゥーロ・ビダルが押し込んで再び1点差に迫る。しかし81分、イヴァン・ラキティッチが2枚目のイエローカードを受けて退場。すると数的優位のベティスは83分、フィルポの折り返しをセルヒオ・カナレスが合わせてゴールネットを揺らし、またもバルセロナを突き放す。

 後半アディショナルタイム2分にバルセロナはムニル、L・スアレス、ビダルとダイレクトでつなぎ、最後はメッシがゴールを決めたが、時すでに遅し。バルセロナは今シーズン公式戦でホーム初黒星を喫し、リーグ戦では2敗目となった。一方のベティスは金星を挙げ、リーグ戦5試合ぶりの勝利を収めた。

 次節、バルセロナは24日にアウェイでアトレティコ・マドリードと、ベティスは25日にアウェイでビジャレアルと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 3-4 ベティス

【得点者】
0-1 20分 ジュニオル・フィルポ(ベティス)
0-2 34分 ホアキン・サンチェス(ベティス)
1-2 68分 リオネル・メッシ(PK)(バルセロナ)
1-3 71分 ジオヴァニ・ロ・チェルソ(ベティス)
2-3 79分 アルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)
2-4 83分 セルヒオ・カナレス(ベティス)
3-4 90+2分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

【スターティングメンバー】
バルセロナ(4-3-3)
テア・シュテーゲン;S・ロベルト、ピケ、ラングレ、J・アルバ;ラキティッチ(81分 退場)、ブスケツ(69分 アレニャ)、アルトゥール(46分 ビダル);メッシ、L・スアレス、マルコム(57分 ムニル)

ベティス(3-4-1-2)
P・ロペス;マンディ、バルトラ、シドネイ;テージョ、グアルダード、W・カルヴァーリョ、フィルポ;ロ・チェルソ(87分 乾);ローレン(76分 S・レオン)、ホアキン(62分 カナレス)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る