FOLLOW US

リーガ初戦に臨むレアルのソラーリ暫定監督、ベイルに期待「才能を楽しみたい」

バジャドリード戦の前日会見に臨んだソラーリ暫定監督 [写真]=Europa Press via Getty Images

 11月3日に行われるリーガ・エスパニョーラ第11節で、レアル・マドリード(スペイン)はバジャドリードをホームに迎える。

 暫定監督就任後、リーガ・エスパニョーラでの初采配に臨むレアル・マドリードのサンティアゴ・ソラーリ氏が、前日会見で抱負を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 レアル・マドリードは10月28日のリーガ・エスパニョーラ第10節でバルセロナに1-5と大敗し、フレン・ロペテギ監督の解任とソラーリ氏の暫定監督就任が決定。新体制の初陣となった31日のコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦ファーストレグのメリージャ戦では4-0と快勝している。

 ソラーリ暫定監督は初陣となったメリージャ戦について「勝利を収めた時は、常に満足しているよ。選手たちが見せてくれたプレーに自分は満足している」と語り、「明日の試合のことを考えているし、サポーターもそれを感じてほしい。それが自分たちにとって一番大事なこと」と、バジャドリード戦へ集中する姿勢を強調した。

 そしてソラーリ暫定監督は、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルにも言及。「毎試合、信じられないほどの才能を見せてくれることを期待している。ファンタスティックな選手だし、その才能を楽しみたいんだ」と期待を寄せた。

「志、攻撃への思い、試合の主導権を握ること、決して諦めないこと、献身、ゴールを狙うプレー。そういったことが、昔からこのチームの価値となっているんだ。だからこそ自分たちはタイトルを獲ることができたんだ」

 思わぬ不振に陥ったレアル・マドリードだが、クラブの歴史を知るソラーリ氏は浮上させることができるだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA