FOLLOW US

不振のレアルにさらなる追い打ち…ヴァランとマリアーノが負傷離脱へ

ヴァラン(左)とマリアーノ(右)が負傷離脱 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは30日、フランス代表DFラファエル・ヴァランとドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスの負傷について発表した。

 同クラブの発表によると、ヴァランは右足内転筋を負傷し、離脱が決まっている。同選手は28日のリーガ・エスパニョーラ第10節・バルセロナ戦で前半終了時にベンチへ退いていた。全治までの期間は明らかにされていないが、30日付のスペイン紙『マルカ』は3週間の離脱と伝えている。また、マリアーノは右足大腿二頭筋を負傷。こちらは、30日付のスペイン紙『アス』によれば10日程度の離脱となる見込みだ。

 これにより、現状起用可能なセンターバックはスペイン代表DFセルヒオ・ラモスと同代表DFナチョ・フェルナンデスのみとなった。また、前線の駒不足も深刻で、フランス人FWカリム・ベンゼマやウェールズ代表FWギャレス・ベイルらの奮起が求められる。レアル・マドリードは31日、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦でメリージャと対戦する。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA