FOLLOW US

ピケ、クラシコで大勝し8年ぶりのパフォーマンス…スペイン紙が注目

5得点目のパフォーマンスに注目が集まったピケ [写真]=Getty Images

 バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが見せたパフォーマンスが、スペインのメディアで話題となっている。29日、スペイン紙『マルカ』が報じた。

 バルセロナはレアル・マドリードとの“エル・クラシコ”で5-1と圧勝。チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの5点目が決まった時にピケは、選手に駆け寄りながらファンへ向けて掌を大きく掲げて『5』を印象付けるパフォーマンスを行なった。これがスペインメディアに話題となっている。

 前回バルセロナがレアル相手に5得点を記録したのは、8年前の2010-11シーズン。レアルがモウリーニョ体制となって最初のクラシコだったが、グアルディオラ率いるバルセロナが5-0で勝利した。この試合でスタメン出場していたピケは、同じように掌を掲げて『5』という文字をファンに見せるパフォーマンスを行なっていた。

 スペイン紙はこのパフォーマンスを解説。もともと1993-94シーズンにヨアン・クライフ監督のバルセロナがレアルを5-0で下した試合で当時のアシストコーチであったトニー・ブルーインズ氏が行なったものであるといわれている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA