FOLLOW US

リーグ戦連敗から“クラシコ”大敗…ロペテギ監督、解任は「すでに感じている」

解任が近づくフレン・ロペテギ監督 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのフレン・ロペテギ監督が自身の去就などについて言及した。クラブ公式が伝えている。



 28日、リーガ・エスパニョーラ第10節が行われ、レアル・マドリードバルセロナとの“クラシコ”を迎えた。試合は終わってみればバルセロナの大勝。1-5でレアル・マドリードは敗れ、リーグ戦は3連敗。ロペテギ監督は試合後、カンプ・ノウの記者会見に出席し、次のように語っている。

「敗北は常に痛いものだが、バルセロナのホームとなるとなおさらだ」

「我々には後半、逆転できる瞬間があったし、同点にして試合に勝つ決定的チャンスがあったよ」

「前半は彼らが優れていたが、我々は後半はポストに当てるシュートやたくさんのチャンスがあったんだ。しかし、うまくいかなかったね」

「(解任については)私が決定することではないし、すでに(解任を)感じていることを(クラブには)説明した。決定は私ではなく他の人に委ねられている」

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA