FOLLOW US

バルサのヴェルマーレン、契約延長は困難か…加入から5年、負傷離脱は500日?

度重なる負傷に苦しめられているヴェルマーレン [写真]=NurPhoto via Getty Images

 バルセロナに所属するベルギー代表DFトーマス・ヴェルマーレンが、今シーズン限りで退団する可能性が高まっているようだ。スペイン紙『アス』が15日に報じている。

 ヴェルマーレンは12日に行われたUEFAネーションズリーグのリーグA・グループ4第3節スイス代表戦でハムストリングを負傷。6週間程度の離脱を強いられる見通しとなった。

 2014年夏にアーセナルからバルセロナへ加入したヴェルマーレンは、度重なる負傷に苦しめられてきた。2016-17シーズンにはローマへレンタル移籍で加入したが、新天地でも離脱期間が長く、セリエAの出場は9試合のみ。バルセロナとの5年契約は今シーズン限りで満了を迎えるが、『アス』は契約延長が困難であると報じた。あまりにもケガが多く、戦力として計算しにくい点が理由として挙げられている。

 なお同紙は、ヴェルマーレンがバルセロナ加入以来、約500日に渡って負傷離脱を強いられているとも伝えている。契約最終年の今シーズンも負傷に見舞われてしまっただけに、『アス』が指摘するように、バルセロナ残留は難しいのかもしれない。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA