FOLLOW US

ロペテギ監督、マドリード・ダービーを振り返り「満足できる結果ではない」

マドリード・ダービーを振り返ったロペテギ監督 [写真]=Soccrates Images/Getty Images

 レアル・マドリードのフレン・ロペテギ監督が、29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節のアトレティコ・マドリード戦を振り返った。29日付のスペイン紙『マルカ』が同監督のコメントを伝えている。

 まず、ロペテギ監督は「満足できる試合結果ではなかった。我々は常に勝利を求めているし、今日は勝利に値する出来だった。数多くのチャンスがあったが、ゴールを決めないと勝てないのがフットボールだ」とコメント。スコアレスという結果に納得していないことを明かした。

 続けて、ロペテギ監督は負傷したウェールズ代表FWギャレス・ベイルとの交代で後半の頭からピッチに立ったスペイン代表MFダニ・セバージョスに言及。同選手の投入によってチームは流れを掴むことができたと語った。

「前半はもっと我々のペースで試合を進めなければならなかった。後半からプレーした彼はよくやってくれたよ。チーム全体が後半からよくなった。(後半は)我々らしさを発揮することができたと思っている。だからこそ、ゴール前でもう少し力強さを発揮できれば結果は違ったものになっていたはずだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO