2018.09.10

クロース、パス成功率で驚異的な数字を記録…リーガ3試合でトップ

クロース
レアルの開幕3連勝に貢献しているクロース [写真]= Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが第3節を終了したリーガエスパニョーラでのパス成功率が驚異的な数字を残している。公式HPが伝えた。

 開幕3連勝でバルセロナに勝ち点で並び2位につくレアル。その中で3試合にフル出場を果たすクロースは、3試合で合計のパス本数が322本を記録。リーガ全体では、同選手の次に続くクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが264本、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが245本となっており、1つ抜き出ている。

 また注目すべきはパスの成功率である。リーガトップの数となるパスを供給しながら、96.7%の成功率を記録している。3試合とも全て90分出場している選手に限ると、クロースに続くのはセルヒオ・ラモスの95.3%であり、成功率でもリーガトップを誇っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る