FOLLOW US

アビダル氏が古巣の移籍市場に言及「バルサは哲学を変えていない」

バルセロナについて語ったアビダル氏 [写真]=Getty Images

 かつてバルセロナに所属し、現在は同クラブのスポーツディレクターを務める元フランス代表エリック・アビダル氏が古巣について言及した。6日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 バルセロナは下部組織で優秀な選手を育て、そのような選手をトップチームに引き上げ、プレーさせるのが伝統であった。近年では、元スペイン代表MFのアンドレス・イニエスタやシャビ、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシらが例に挙げられ、チームを引っ張ってきた。

 しかし、近年では移籍市場で高額の選手を獲得することも少なくなく、今夏にはバイエルンからチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルやボルドーからU-20ブラジル代表FWマルコムを獲得した。伝統的なバルセロナのスタイルと異なると批判している人もいるが、アビダル氏は「バルサは哲学を変えていない。移籍市場に適応しているだけだ」とこれを否定した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO