FOLLOW US

バルサに痛手…A・ゴメスとデニス・スアレスがICCトッテナム戦で負傷

デニス・スアレス(左)とアンドレ・ゴメス(右) [写真]=Getty Images

 バルセロナは30日、同クラブに所属するポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスとスペイン人FWデニス・スアレスが負傷でチームを離れることを公式ツイッターで明らかにした。

 バルセロナは7月28日、アメリカで行われているインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)でトッテナムと対戦。PK戦の末、2-2(PK5-3)で勝利していた。幸先良いプレシーズンをスタートしたように見えたバルセロナ。しかし、同試合に先発出場していたA・ゴメスとD・スアレスにとっては良いスタートを切ったわけでなはかった。

 両選手は同試合で負傷。試合後にはバルセロナに戻りそれぞれ診察を受けた。その結果、D・スアレスは左足の大腿二頭筋(太もも)を痛めたことが確認され、約3週間の離脱が予想されている。

 A・ゴメスも同じく左足の太ももを負傷。しかし、A・ゴメスのほうが重傷と見られており、バルセロナは復帰時期を未定とした。なお、米メディア『ESPN』は同選手の離脱期間を約2カ月(8週間)と報じている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO