2018.07.25

バルサの守護神テア・シュテーゲン、休暇を短縮して米遠征に参加へ

マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン
休暇を短縮してチームに合流するテア・シュテーゲン [写真]=Getty Images

 バルセロナの守護神であるドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが、休暇を短縮してチームに合流することが明らかになった。

 プレシーズン恒例の大会として定着したインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)2018に出場するため、24日にアメリカへと出発したバルセロナ。このツアーには2018 FIFAワールドカップ ロシア(W杯)に出場した選手は含まれていない。

 従ってメンバーの顔触れは、スペイン代表から外れたMFセルジ・ロベルトやFWパコ・アルカセル、ポルトガル代表から外れたDFネルソン・セメドやMFアンドレ・ゴメス、W杯出場を逃したオランダ代表のGKヤスパー・シレッセンなどを筆頭とするトップチーム15選手に、カンテラの13選手を加えた陣容となっている。

 だが、当初はこのツアーに参加する予定がなかったテア・シュテーゲンが、休暇を一部返上してチームに加わることになったという。ドイツ代表としてW杯に参加したテア・シュテーゲンだが、正守護神にはバイエルンのGKマヌエル・ノイアーが座ったため出場機会がなく、そのうえ連覇を目指したチームがグループステージでよもやの敗退を喫したため、プレーしたくて仕方ないほど体力が有り余っているようだ。

 なお、ICCでは3試合に臨むバルセロナは、28日にトッテナム、31日にローマ、8月4日にミランとそれぞれ対戦する。近日中にアメリカへと出発するテア・シュテーゲンは、カリフォルニア州パサデナのローズボールで行われる第1戦には間に合わないものの、テキサス州アーリントンのAT &Tスタジアムで行われる第2戦およびカリフォルニア州サンタクララのリーバイス・スタジアムで行われる第3戦には出場可能とみられている。

 ICCでは今夏の移籍市場で獲得した新戦力のデビューにも期待が掛かるバルセロナ。グレミオから獲得した元U−20ブラジル代表MFアルトゥールおよびセビージャから獲得したU−21フランス代表DFクレマン・ラングレは、トッテナムとの第1戦からの出場が見込まれている。また、24日にボルドーから獲得したばかりのU−20ブラジル代表FWマルコムも直接アメリカに向かう予定となっており、早速お披露目される可能性もありそうだ。

文=北村敦

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る